Japan-News

製品

Updated 2018.Apr. 13


 この日本語ページは、日本在住のお客様専用に作成されています。


情報・トピックス

C1:細胞保存方法:Scientific Reports (2018) 8:2151  で、mRNA-seqの前の細胞保存のための新しいプロトコルを発表しています。dithiobis(succinimidyl propionate) (DSP) を使用した新しい細胞保存ワークフローにより最大7日間細胞を保存し、適宜C1 を使い、mRNA-Seqを行うことができると報告しています。

詳細はこちらから。A practical solution for preserving single cells for RNA sequencing

 

マスサイトメトリーIIメラノーマ患者由来の末梢血単核球を用いて包括的な細胞応答を調べるため、弊社マスサイトメーターCyTOF にて同時に35個のタンパク質の発現レベルを測定し、その研究成果が発表されました。国立がん研究センター西川先生、竹内先生らにより、発表されています。

Clinical response to PD-1 blockade correlates with a sub-fraction of peripheral central memory CD4+ T cells in patients with malignant melanoma   Int Immunol. 2018 Feb 3;30(1):13-22.

 

Hyperion Imaging System世界初!ケンブリッジ研究所にて、バーチャルリアリティー腫瘍、Imaging Mass Cytometry Hyperionを使用して癌を3Dでマッピングしています。

 

Hyperion Imaging System:最近Imaging Mass Cytometry HyperionについてのWeb forumが出来ました。 コミュニティーに参加することができます。

新製品・新アプリケーション

Hyperion Imaging System: 染色の実例、肺がん20種類抗体同時染色のパワーを実感ください。 *動画推奨ブラウザー:GoogleChromeをお使いください。

2017年10月24日に、マスサイトメトリーを応用した新製品、”Hyperion Imaging System” を発表しました。凍結切片のみならず、この新しいテクノロジーにより固定組織切片(FFPE等)においても、~40種類のタンパクの同時イメージングが可能になります。これまでにない多パラメータで、組織構造や細胞形態の情報を維持しながら、新しい細胞マーカーの相関や細胞の相互作用を明らかにします。

C1 : Mini-metagenomics (Microbial sequencing) が新しいC1 Open Appとして登録されました。メタゲノムの新しいアプローチをご提案します。

Helios : Human T cell Immuno-Oncology EX Panel Kit で34 マーカー(免疫チェックポイント含む)の同時プロファイルが可能です。

キャンペーン

現在実施中のキャンペーンはありません。

お知らせ

価格改定のお知らせ

201851日より試薬・消耗品の価格が改定されました。

改定後の価格につきましては、以下の価格カタログをご参照ください。

2018531()、大阪大学微生物病研究所で行われる、“Single-Cell 2018 OSAKAセミナー”に参加します。ファシリテーターに京都大学iPS研究所の渡辺亮先生をお迎えし、シングルセルの研究をされている先生方のご講演があります。また、シングルセルゲノミクスに関わる企業セッションもあります。是非ご参加ください。プログラム詳細や、申込みはこちらから。

お問い合わせ

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町15-19 ルミナス4F
Tel: 03 3662 2150
Fax:03 3662 2154
e-mail: info-Japan@fluidigm.com